*

魅力的な女性(4) 美はお金では買えない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


sizenbi00
 私がもっとも違和感を覚えたのは、昨今の「美はお金で買える」という風潮です。はっきり言って、美はお金では手にはいりません。
 
 どんなにお金を積んでも、そこに「心」がなければ、きれいにはなれない。それは私自身が体験してきたから、よくわかるのです。
 
 主人を亡くしたあとに味わった「肌地獄」から帰還するときには、「神様、お願いですから元の肌に戻してください」とひたすら念じ、化粧品を使うときには、「入ってね」「上ってね」と唱えることで、初めてその効果が発揮されることを体感しました

 これはエステティシャンとして第一級の佐伯チズさんの言葉であり、信念です。
 
 美しい花を咲かせるにも「丹精を込める」といいますでしょう。「丹精を込める」というのは「心を込める」という意味です。それも単なる心ではなく念入りな心を込めることを言い表しています。
 

 美しさを創るには何より心が大切だと思うのです。単なる高級な化粧品や技術で自分を飾ったところで、人から見てそこに本物の美しさが感じられなければ意味がありません。
 
 肌は生きているのです。そして生きているものはすべて心と深く関わりあっています。きめ細かい肌はきめ細かい心から生まれます
 
tukimi1 肌は自分の肉体が外部と接触するところですから、自分が他の人や自然などと接触する心が雑で荒っぽいと肌も粗っぽくなります。
 
 明るく幸せな気分のときには肌も整ってきますし、ストレスなどで気分が滅入っているときは肌もくすんできますでしょう?
 
 このように肌と心は一体なのです。丹精を込めるとは「ありがとう」の心がふくまれています。丹精込めて美しさを創りだしてください。
 

次は 秘すれば花

⇒ 魅力的な女性目次



公開日:
最終更新日:2014/10/05

PAGE TOP ↑