*

第一印象をよくするには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


sizenbi00
 会ったときにイヤな感じを与える人がいます。一つは「無愛想な人」、あと「不満顔の人」といったところです。
 
 「暗い顔の人」でイヤな感じを与える人もありますが、暗い中にもやさしさを感じさせれば、そう問題はありません。こういうイヤなイメージを与える人は、人生でかなり損をしていると思いませんか。
 
 人生の喜びや楽しみは人との交わりや相手からくる感情で作られていますから、自分の発する印象、とくに第一印象はとても大切です。
 
 この印象をよくする方法はあるのです。微笑、ほほえみです。自然な微笑ほど人の心に心地よくひびくものはありません。
 
 微笑は表情を変えます。無愛想な人、不満顔の人、暗い人は表情がよくないのです。表情はその人の心を表します。習慣的な心や性格が、その人の表情をつくります。
 

 「でも私の顔は生まれつきだから」と考えていませんか。表情は生まれつきではありません。表情は変わります。あなたがうれしくて幸せな時の感じと、不愉快で怒っている時の顔の表情は違いますでしょう。
 
nemo1 でも、表情を変えるには、今までの習慣的な思いを変えなければなりません。一時の努力では変わりません。常に、いつもいつも親切でやさしく明るい心を持っていれば変わってきます。
 
 いつも鏡の前でほほえみの練習をするのが最も効果的です。口の角を上にあげる練習もいいですね。少しづつ効果が出てくると人は変わります。悦びが自分を変えるのです。
 
 ジェームス・ランゲの法則というのがあります。〈表情を良くすれば心もよくなる〉・・・表情に微笑をたたえていると、知らず知らずのうちにやさしくおだやかな気持につつまれるという心理的法則です。
 

次は お腹の脂肪を取る呼吸法

⇒ 魅力的な女性目次



公開日:
最終更新日:2014/10/06

PAGE TOP ↑