*

美と健康(6)病気、不幸は語らない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


aitop1
 病気とか不幸とかといった惨めな気持ちを言葉に出すことは、極力つつしまねばなりません。
 
 言葉は繰り返し語られると、自分の心の奥底に強く印象づけられ、その姿が固着して、その病気不幸を治り難くします。
 
 特に感情を込めた言葉は印象力が強く、その分、実現力があります。
 
 あなたが惨めな言葉を、訴えるように、つぶやくように、同情を求めるが如く、語れば語るほど悪しき種まきをしていることになります。
 
 病気や不幸が頭に浮んできたら、心の焦点を今ある小さな幸せに転じましょう。生けられた花、ささやかな食事、まわりの手助け、などなど・・・・
 

【心の法則】
自分や家族の病気や不幸を語ることは、現状を固定化させます。

次は 笑う門には福来る

⇒ 美と健康目次



公開日:
最終更新日:2014/06/02

PAGE TOP ↑