*

恋愛のなかの「気づき」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


seiwacm女性の生き方(8) 恋愛のなかの「気づき」

 恋愛も初めのうちは心がはずみ、満たされた楽しい時を過ごすのですが、やがて相手や自分の抱える問題に直面します。そして二人の間にこみいった感情的な問題が起ったとき、愛情が冷めてしまうケースが多くあります。  
 
 二人の心が深く関わってくると今まで表に出ることのなかった心の微妙なヒダの部分に触れるようになるからです。トラブルが起きたときに非難する言葉がそのヒダの部分に触れてくるのです。
 
 その部分は自分が恐れていたり、触れられたくない部分ですから、「そこまで言われるのなら、もう二人の関係は終りにしよう」と感情的に対処します。相手はそこまで傷つくとは考えてもいませんし、何げなく言っただけなのに「どうして?」と理解に苦しみます。
 

 恋愛にはこうした心の痛みの時が必ず訪れます。そのとき、心を閉じてしまおうとしますが、自分の考えや感情から離れて、「気づき」を導きいれる必要があります。
 
nitini1 心の痛む場所は、自分にとってとても重要な意味をもっているからです。心が傷つくのは相手が言ったからではなく、自分のかかえる問題がそこにあるからなのです。
 
 「こんなに私を苦しめるのは一体何なんだろう?」と自分に問いかけるのです。苦しみの奥に横たわっている本質、核心に入り込むことができれば、ばかげた対応をして問題を深刻化させないですむようになります
 
 その苦しみから、「気づき」によって自分が成長します。そしてパートナーに自分の弱い部分をさらけ出すことはとてもつらいことだと伝えるのです。二人で苦しみを共有し、理解がすすめばこの恋愛も成長します。
 

次は 女性としての成長

⇒ 女性の生き方目次



公開日:
最終更新日:2014/09/29

PAGE TOP ↑