*

貧しくみじめな人生

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


bikentop女性の生き方(41)貧しくみじめな人生

 あなたは、自分が今なんとかしてやり過ごそうとしているこの時間が、かつてあれほど待ちこがれたかけがえのない「未来」であることに、思いをはせたことがあるだろうか。
 
 今あなたの手中にあるこの時間は、かつて、一瞬たりとも無駄にせず有効に使おうと考えていたあの未来なのだ。
 
 それなのに、以前はバラ色に見えたその未来が、なぜ今は不毛な砂漠に思えるのだろう。それは見る目が歪んでいるからである。
 

 あなたは自分が置かれた状況を、間違った視点からとらえている。あなたは、せっかく今日という日までたどり着いたのに、何も変らなかったと落胆し、みじめな気持になっている。この時間を賢く使えば、眼前の砂漠を夢見たとおりの楽園に変えられるかもしれないというのに・・・。
 
 私たちの多くがこれほど貧しくみじめな人生を送っているのは、今日という日を本当の意味で生きていないからである。目の前にあるこの一日に、私たちは十分なエネルギーや関心、情熱を振りむけていない。今日という日を本当の意味で生きるための方法は、たった一つしかない。
 
sira1 それは毎朝、今日という日をできるかぎり有効に使い、この一日を精一杯生きようと自分に言い聞かせることだ

 
 「今日から私の新しい人生が始まる。苦しみも悲しみも恥辱も、過ぎたことはすべて忘れよう」と自分自身に語りかけるのだ。
 
 いつか暮らしが楽になったら、子どもが大きくなったらなどと先のばしにせず、今日一日でできるだけのことをしよう。すべての障害がなくなる日など永遠にこないからだ。

(オリソン・S・マーデン)

 母の支配について

⇒ 女性の生き方目次



公開日:
最終更新日:2014/10/05

PAGE TOP ↑