*

人格が美しく花開く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


yankeesls女性の生き方(40) 人格が美しく花開く

 「このきれいな花びらは、しっかり閉じておきましょう」とわがままなバラが言う。
 
 「甘いにおいや、太陽と夜露のかぐわしい香りも自分のためにとっておくわ。行きすぎる人に差し出すなんて、もったいないもの」。だが美しさをひとり占めしようとしたとたん、このバラはしおれて枯れてしまった。
 
 一方、心の広いバラは「この美しさをみんなに見てもらいましょう」と言った。
 
 「行きすぎるすべての人に、私の美しさと甘い香りをプレゼントしたいわ」すると、見たこともないほどかぐわしく美しい花が開いた。さして香りのない花だったのに、持てるものすべてを世界に差し出そうと決めたとたん、日光や大気、土壌などの不思議な作用によってこの上なく甘い香りが立ちのぼったのだ。
 

 善行をなし、日々誰かを助け、そこかしこでちょっとした励ましの言葉をかけることによって、あなたの人生は豊かで高貴なものとなり、このバラのように人格が美しく花開く。
 
 こうした善行のチャンスは、あなたの行く先々に転がっている。励ましや同情を求めている人、苦悩に打ちひしがれている人、元気づけてもらいたがっている人はいたるところにいる。
 
suinou1 ただ見知らぬ相手がにっこり微笑んでくれるだけで、彼らの心が軽くなることもあるのだ。
 
 やさしい言葉は人生に小さな変化をもたらすのだ。思いやりのある言葉を惜しみなく口にしよう。
 
 与えれば与えるほど、あなた自身の心も豊かになっていく。自分の幸せ以外の何かに心を向ける者だけが、幸せになれるのだ

(オリソン・S・マーデン)

次は 貧しくみじめな人生を送っているのは

⇒ 女性の生き方目次



公開日:
最終更新日:2014/10/05

PAGE TOP ↑