*

一人の男性を恋うる真意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


yankeesls女性の生き方(32)一人の男性を恋うる真意

 男性も女性もともに二つ以上の恋愛場面をつくることはあり得ます。今のような性の誘惑が過剰な時代ですと、こうした場面は多分多いでしょう。
 
 しかし、本当の恋愛をしている人はこうした場面は回避します。それは愛する人を傷つけたくないという思いからです。
 
 もし一方で恋愛をしていながら、他方でも恋愛をするようであればそれは本物の恋愛ではなく、恋愛遊戯です。
 
 本物の恋愛は人としての気高さから生じますが、恋愛遊戯は肉体的本能からくる性愛に過ぎません。
 

 女性が本当の恋愛をすると、きわめて肉体的ではなく、精神的な感情になると思うのです。もちろん男性も同じですが、女性のほうがよりその傾向を強くするのではないでしょうか。
 
kara1 真剣に一人の男性を愛すると、いかなることがあっても他の男性を寄せ付けなくなるのが女性の特性のはずです。
 
 恋愛遊戯はある一定の時間に限られたものですが、本当の恋愛は結婚をともなう全生活を動かします。
 
 そしてやがては、そのただ一人の男性との間に子をもうけます。自分が産む子供の父が誰であるかわからないようであっては全生涯を通して悲劇です。
 
 女性の貞操性が重要であるのはここなのです。ただ一人の男性を恋うる真意は、自分の産む子供のために、父親の純粋性を確保したい切なる願いが、女性の心の奥底にあるのです。
 
 女性が本質的にただ一人の男性を恋うる愛は、まぎれもなき「父」と「子」の結びを約束する愛なのです
 

次は 援助結婚をする女性

⇒ 女性の生き方目次



公開日:
最終更新日:2014/10/05

PAGE TOP ↑