*

素敵な生き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


miryoku01女性の生き方(19) 素敵な生き方

 女性は少女から大人にかけての時期はそれだけでとても素敵なものです。花に例えると蕾からかぐわしい花へと成長する時期です。
 
 何が一番素晴しいかというと清らかさです。女性の清らかさは美しく、とても価値があります。しかし残念なことに成長するにつれてこの美しさに濁りが生じ、雑多な埃を身につけていく人が少なからずいます。
 
 私たちが生きているこの世界には実と虚が混在しています。虚の生き方とは、自分を飾るものに心がとらえられた生き方です。
 

 社会的地位や名声、強欲な物質的所有などは自分をケバケバしく飾り立てますが、かえって清涼感が失われ、本来の素敵さが覆い隠されていきます。地位や名声、富が悪いと言っているのではありません。心のとらわれ方なのです。
 
 この世の中は何がよくて何が悪いか混沌としています。人生を一歩間違えると泥沼の中をあえぎながら進んでいくような生き方だってあります。
 
kasa1 虚飾に生きると見た目の華やかさに比べて、与えられる苦は決して軽くはありません。草原を飾らない素足で歩く人、泥道を赤いマニュキァを塗った足で歩く人、生き方はさまざまです。
 
 素敵に生きている人は、虚飾に振り回されることなく、自分のもてる才能なり、愛なりを十分に出している人だと思うのです
 
 雑多な思いに振り回されることなく、自分の心からの思いに素直に従って一途に生きた人だと思うのです。
 
 何も目立つことはなくても、ただひたすらにわが夫、家族を愛し続けた女性の一生なども、とても素敵な生き方だと思うのです。その人の人生で確かな満足感、充足感があれば、素敵というほかありません。
 

次は 自分を解放する

⇒ 女性の生き方目次



公開日:
最終更新日:2014/09/29

PAGE TOP ↑