*

なじる人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


miryoku01女性の生き方(18) なじる人

 人は出会い親しくなり、そして深い付き合いが始まります。人はお互いの距離が縮まってくるに従って問題を起していきます。
 
 問題が起るのは人が生き、成長していく上で必要なのですが、大切なのは問題が起きたときの対処の仕方なのです。人はどういうわけか問題が起きたときには、相手が悪い、自分は悪くないと思いがちです。
 
 交通事故を起した時がいい例ですね。よほどでない限りまず相手が悪いと思い込みます。そして相手をなじります。友人関係、恋人さらには夫婦、親子でも問題が起きたときは、「私は悪くない。あの人が間違っているからこうなったのだ」と、親しければ親しい分遠慮なく相手をなじります。
 

 実は、相手をなじるときは、自分の中に満たされない思いや問題を抱えているときなのです。例えば、夫の中には、時として自分の無力さを感じる苦痛から気をそらすために、妻を非難し怒る人がいます。
 
moku2 自分の中に充実感を失い、はっきりとした目的意識を持たなくなった時、そのやるせない無力感を妻をなじることに転嫁させているのです。もちろん反対に妻が自分のなかの空しさを転嫁させて、夫をなじっている場合もあります。
 
 人は自分が満たされている時は、寛容ですから決して人をなじらないものです。人をなじる行為をした時は、奥に隠されている自分の問題点に気づく必要があります。
 
 やっかいなのはそうした自分の本心に気づかないで、自分は正しい、間違っているのは相手だと思い込んでいることなのです。
 
 人との間のトラブルは鏡のようなものです。自分の中の大切な何かを反映して見せてくれているのです
 
 そこから「気づき」を得た人が人生の階段を一歩上に登っていきます。女性の場合、一層女性の天分が現われ、素敵な人となります。
 

次は 素敵な生き方

⇒ 女性の生き方目次



公開日:
最終更新日:2014/09/29

PAGE TOP ↑