*

コミュニケーション 心を汲み取る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


comm1心の交流(2) 心を汲み取る

 心の感受性のなかには、もう一つ人の心をくみ取る働きがあります。私たちはコミュニケーションをしながら、相手の言葉や表情、しぐさからその人の気持ちや思いを感じ取っています。
 
 コミュニケーションでむずかしいのは、相手の思いや気持ち、考えを的確にとらえることです。これがむずかしいからお互いの間に誤解が生じたりして、いろいろ問題が起こったりします。お互いの理解不足から困ったことになった経験は誰しもあると思います。
 
 コミュニケーションのむずかしさの一つに、話している言葉がその人の本心でない場合があります。言葉の奥にあるその人の本当の気持ちや思いをくみ取ることも必要です。これなども心を汲み取る力の違いでコミュニケーション力に差が出てきます。
 

 子供が傷つき、引きこもりになったりした時など、「なぜだろう、どうしてだろう」と思い悩みますが、これなども大人の感受性と子供の感受性の違いからきます。とくに心の純粋な子どもほど感受性が高く傷つきやすいのです。人が何げなく投げかけた言葉で子供が深く傷ついたりします。
 
odama1 感受性は人によってかなりの差があります。ちょっとした言葉であれこれ心が騒ぐ人もあれば、何を言ってもあまり心にひびかない人もあります。家族でも心の受けとめ方、心を汲み取る力にはかなりの開きがあります。
 
 そして人はみな自分の心の力でコミュニケーションをしていますから、さまざまに局面が展開するのです。この展開が私たちに人間関係のむずかしさと深み、そして悦びをもたらします。
 
 自分の心の力を磨き、コントロールしていくことでコミュニケーション力を高めることが出来ます

次は インナ-チャイルドの影響

⇒ 女性のコミュニケーション目次



公開日:
最終更新日:2014/10/06

PAGE TOP ↑