*

コミュニケーション 感受性の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip


comm1心の交流(1) 感受性の違い

 私たちがコミュニケーションをするうえで大切な役割をしているのが心の感受性です。人から発信される、あるいは自分が発信する言葉や態度などで心に影響を与え合って生きています。この心の感受性は人によってそれぞれ違いますので、コミュニケーションの能力に違いが出てきます。
 
 私たちはバラの花を見れば、みな同じような美しさを感じていると思いがちですが、同じバラの花でもその美しさのとらえ方は人によってかなりの違いがあります。生き生きとした美しさを感じ取っている人もあれば、単に写真のようなきれいさで受けとっている人もいます。
 
 美しさとか味わい、あるいは善さといったものを感じる心が感受性です。人間関係では相手とウマが合う合わないもこの感受性でとらえています。同じ人でも「あの人はいい人ね」ととらえる人もいれば、「あの人のどこがいい人なんだろう」ととらえる人もいます。
 

 同じ家族でありながら「いいお母さん」という子もあれば、「あんなお母さん大っ嫌い」と思っている子もいます。この違いはとらえかた、つまり感受性の問題なのです。心の交流とはこの感受性をある程度共有するということでもあります
 
asa-w コミュニケーションでむずかしいのは、自分が話している内容や思いが、ちゃんと伝わっていると思っていても、まるで相手の心に届いていないということが結構多いのです。
 
 一生懸命、心の悩みを話しているのに、相手は言葉では「そうね、そうなの」と言ってはいますが、内心では「何てつまらない話をしているんだろう」としか受けとっていない場合もあります。
 
 人によっては、「どこそこお店がおいしかったね」といった表面的な会話を楽しいと思っている人も多いのです。これは心の感受性の違いや心の方向性の違いからくるコミュニケーション力の違いです。相手の感受性に合わせたコミュニケーションを考えることも大切です。

次は 心を汲み取る

⇒ 女性のコミュニケーション目次



公開日:
最終更新日:2014/10/06

PAGE TOP ↑