*

魅力的な目をつくる

公開日: : 最終更新日:2014/05/15 魅力UP法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on @nifty clip

cuteプロに学ぶ・・魅力UP法
魅力的な目をつくる


【「おしゃれな」女性になる63のヒント】 横森美奈子著より



 やはり、顔の印象を決定づけるのは目ですね。けれど、目はデリケートで、ちょっとした体調や心の変化まですぐに表れてしまいます。

 そんなときの”元気な目”になれるメークをいくつかお教えしましょう。

■ 「いかにも疲れた感じがする」要因は、目のまわりの「赤み」や「くすみ」です。こんなときはファンデーションを一生懸命塗って隠すよりも、”ごく薄いブルーやパープルのアイシャドー(パールは入っていないほうが無難)”を上まぶた全体にさっとのせましょう。

 そうすることで”赤み消し”になり、突然さわやかな印象の目になります。これは色彩用語では「補色」といって、反対色を使うことでもとの色味を消してしまう方法です。グレーやブラウンなどのシャドーを入れたい場合は、その上に塗ります。



■ そしてこの”赤み消し”のシャドーを、下まぶたの縁にも二、三ミリの幅で塗ると、目のまわりがかなりすっきりします。

lady-9-2 クマの部分にコンシーラーを塗るよりも、この”上下・赤み消しシャドー”のほうが、テクニックもいらず簡単で、そのうえ効果的です。
 
 
 
 
■ 疲れたときは、白目もくすみます。下まぶたの内側ギリギリに、シルバーやホワイトのペンシルで”インサイドライン”を入れると、白目が引きしまって、とてもすっきり見えます。

 また、これは、上まぶたのアイラインを太く描くよりも、白目の部分が大きくなるので目が大きく見えるテクニックでもあります。

■ 最後に、白目の充血をとる目薬をさします。これで、寝不足や疲れているようには全然見えません。

 目のメークの基本は大きくよりも何よりも”元気”に見えるのがいちばんの魅力と心得ましょう。
 

sozai-b4 イラストは「素材大好き」さんよりお借りしています。


関連記事

lady-10-2

ヘアースタイルを変えるだけで

プロに学ぶ・・魅力UP法ヘアースタイルを変えるだけで、違った自分に出会える [ad#jyo32

記事を読む

lady-8-2

脱・とりあえずファンデーション

プロに学ぶ・・魅力UP法「脱・とりあえずファンデーション」宣言! 【Simple Make】 

記事を読む

lady-1-1

ナチュラルな印象が思いのまま(1)

プロに学ぶ・・魅力UP法★ 魅力的な女性になるために ナチュラルな印象が思いのまま(1)【Simp

記事を読む

lady-7-2

境目をぼかすだけで、グッと自然な印象

プロに学ぶ・魅力UP法境目をぼかすだけで、グッと自然な印象 【Simple Make】 山本浩

記事を読む

flady-1-1

おしゃれになりたい

プロに学ぶ・魅力UP法おしゃれになりたい 【「おしゃれな」女性になる63のヒント】

記事を読む

l-50s

シミ・シワを隠してイキイキした肌に

プロに学ぶ・・魅力UP法シミ・シワを隠してイキイキした肌に 【Simple Make】 山本浩

記事を読む

lady-2-2

ナチュラルな印象が思いのまま(2)

プロに学ぶ・・魅力UP法★ 魅力的な女性になるために ナチュラルな印象が思いのまま(2)【Simp

記事を読む

lady-11-2

なりたい唇をつくる口紅の描き方

プロに学ぶ・・魅力UP法なりたい唇をつくる口紅の描き方  よくメークで実際の唇の線より内側

記事を読む

lady-4-2

私は眉を描くのが下手なのですが・・

プロに学ぶ・・魅力UP法眉をつくる基本 【Simple Make】 山本浩未著より  眉の描

記事を読む

lady-5-2

アイシャドウは濃淡2色で

プロに学ぶ・・魅力UP法アイシャドウは、濃淡2色を使うのが決め手 【Simple Make】 

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑